髪のボリューム

頭皮のべたつき、ボリュームの無さはーガニック系シャンプーが原因?

更新日:

先日いらしたお客様は大手エステ会社の事務をされている方で、1年ほどのお付き合いのある女性です。来店頻度は平均的で2カ月~2カ月半に一度、カットとパーマをされていきます。白髪はほとんどないためカラーはしていません。髪質は細く少ないのですが、傷みづらいというちょっと珍しい髪質です。

大抵は細く少ない髪質の方は毛先がもつれやすく、非常に傷みやすいのが一般的ですが、そのお客様は違いました。お仕事柄、女性の多い職場で業種もエステということでスキンケアやヘアケアなどに関心が高く、またオーガニック系の製品を好む方でした。

肌にはもちろん、髪にもダメージがないようにオーガニック系のオイルやクリームなど数種類を使い分けていると伺っていました。 日頃のケアの成果もあって、ダメージはほぼありません。

ボリュームが出ずパーマがかかりにくい髪質

コスメやヘアケア剤の流行に敏感で、良い製品を常に探していらっしゃるお客様でしたが、ある日、なかなかご自分の髪に合うケア剤がないと相談を受けました。

髪が細く少ないのでボリュームが出づらいのを気にされていました。きれいなストレートの髪質なので羨ましがられるけど、どんなにブローしてもぺたんこになるからヘアスタイルはいつもボブになってしまうとのこと。てっきりボブが好きでオーダーしていたと思っていたので驚きましたが、それならとパーマをかけることをお勧めし、数回目の来店でスタイルチェンジを提案してみました。

過去にパーマをかけたこともあるけど、とてもかかりづらく、かかっても1週間もたないと聞いていましたが、初めてパーマをかけた時は本当にかかりづらく非常に苦戦しました。薬がなかなか浸透していかない髪質なのです。強い薬剤を使えばパーマもかかりますが、それでは髪を傷めてしまいます。彼女はとにかくキューティクルの層が厚く、傷みずらい反面しっかり閉じられたキューティクルによって栄養分や薬剤も浸透しずらい髪質という印象でした。

頭皮がべたつきボリュームが出ない

なんとかパーマもかかり、ボリュームもアップしたので満足されていました。そこから毎回パーマをかけられるようになったのですが、来店のたびにしっとりした束感が出ていたので日頃使われてい る整髪剤についてお聞きしたところ「パーマ用のムースを使っているのだけど、毛先中心につけているはずなのに地肌付近が脂っぽいような質感になり、やはりボリュームが思っているほど出づらい」とおっしゃっていました。

パーマをかける前から根元付近もりっとりした艶が出ていたので、オイル系のアウトバストリートメントをお使いなのかなと思っていましたが、どうやらそちらは体質のようでした。髪が細く少なめなうえ、頭皮が脂っぽいのもトップのボリュームが出づらい原因になっていました。

オーガニック系シャンプーの問題点

しっとりと見える質感がお好みだと思っていたのでストレートボブのときは特にお聞きしませんでしたが、数回いらっしゃるうちにそれは意図的ではなく、ベタついてしまうというお悩みだったのを知り、どんなヘアケア類を使っているのか気になりました。

油分が多くボリュームダウンの原因に

聞くと、整髪料の種類やつけ方には問題なく、使用されていたシャンプーとトリートメントに原因がある事が分かりました。オーガニック系が好きなそのお客様は天然由来成分でできたかなりしっとり仕上がるシャンプーとトリートメントをお使いで、どうやらそれが髪質、体質に合っていないようです。

髪が細い方はシャンプーやトリートメントの重みだけでもボリュームが出ずらくなってしまいます。 特にトリートメントに油分がたっぷり配合されたものだと、毛先のまとまりは良くなりますがトップのボリュームを奪ってしまいます。

オーガニック系のトリートメントは特に数種類のオイルがたっぷり配合されている事が多く、また、ロングヘア以外の方が使う場合は毛先にだけつける事が難しくなります。

毛先だけにつけているつもりでも流す時どうしても地肌を伝わりトリートメント成分が付着します。そうなるとボリュームダウンに繋がりますし、地肌のベタつきも起こりやすくなってしまいます。

アミノ酸系シャンプーのメリット

そのお客様はシャンプーもまたオーガニック系の製品を使っていたのでそちらも合わせて原因になっていました。多くのオーガニック系シャンプーは油分を含め栄養となる成分もたくさん配合されています。そして洗浄成分となる界面活性剤が弱い成分が使われています。

ダメージ毛で広がりやすい髪質の方には向いていますが、その油分の多さや洗浄力の弱さが髪のボリュームダウンにつながることがあります。

髪のべたつきには洗浄力強めのシャンプーを

髪に良い製品は必ずしも頭皮(地肌)にも良いと言うわけではありません。逆もしかりです。このお客様の場合は特に地肌がベタつくので油分を取り除く洗浄成分である界面活性剤はそこそこ強い方が良いと判断しました。

高級アルコール系だと洗浄力が強すぎ、地肌や髪までも傷める可能性があるのでアミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーをお勧めしました。成分を見て「ココイル~、ラウロイル~」が成分名に含まれているものがよいでしょう。

優しく洗いあげるシャンプーでたびたび見かけるのがベタイン系の界面活性剤ですが、地肌がベタつきボユームが出づらい方にはあまりおすすめしません。保湿力が高いのですが、洗浄力が少し弱めなのでボリュームアップに繋がりづらいからです。

  • 程々の洗浄力をもつシャンプーで洗い
  • 気になるところのみトリートメントをつけ
  • アウトバストリートメントでケアする

といったお手入れを習慣にすると地肌も髪の毛も良い状態を保てるでしょう。

その後、お客様はオーガニック系ではなく配合油分類が少なめのアミノ酸系シャンプーに変えたところ、地肌のベタつきが減りボリュームも出やすくなったと喜ばれていました。 トリートメントに含まれているオイル系の残留成分も無くなってきたのか、パーマのかかりやすい髪質に変わってきたように思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆

▼髪の悩みを解決したい人は必見!

 

8~9の設問にこたえるだけで、自分にぴったりな成分バランスのシャンプーを作ってくれるサービス『オーダーメイドシャンプー』。

その効果のほどは?

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【関連記事】くせ毛に効くのはどっち?オーダーメイドシャンプー「メデュラ」と「ミクス」の違い

↑こちらを読めば、くせ毛や髪の老化など、『オーダーメイドシャンプー』で対応可能な髪の悩みが分かります!

 

 

-髪のボリューム
-, , , , ,

Copyright© ささやかながら美容家の助言 , 2019 All Rights Reserved.