薄毛

年齢による白髪と薄毛…進行を止めるためのシャンプーの選び方

投稿日:

長年通われている女性のお客さま。事務系のお仕事をされており、独身ということもあり、フルタイムで働かれその上かなり頻繁に残業がある会社に長く勤めておられます。デスクでパソコン作業がほとんどのようで、常に肩こりと眼精疲労、ストレスに悩まされていました。

シャンプーで頭皮を触ると頭皮までもカチカチに凝っていて大変なお仕事だなと毎回思っておりました。

30代から白髪が気になり、毎回カットと白髪染めをされていきます。来店頻度は2カ月前後に一度。忙しさのあまりご自宅でのヘアケアには手が回らないとおっしゃっていました。

50代になられ、髪のパサつきも気になるという事で2回に1度はサロンでトリートメントをされるようになった頃、髪質が変わってきたことを気にされている様子でした。

白髪を抜きすぎて薄毛につながる?

元々髪は太く、量が多かったのですが頭頂部が急に薄くなってきたとのこと。確かにいらっしゃる度にトップのボリュームが出ずらくなってきたなと感じていました。

全体の毛量はしっかりあるのですが、頭頂部は地肌が透けて見え始めていました。

白髪が増えとても気になるので抜く事も多いと話されていたので、まずは白髪を絶対に抜かないようお願いしました。

美容師になりお客さまからよく受ける質問に「白髪は抜くと増える?」がありますが、そのようなことはありません。

しかし、抜く事によって髪自体が生えてこなくなることがあります。ご自分で鏡を見たとき気になる白髪の箇所は顔まわりやトップではないでしょうか。

数本、てっぺんにピンと立ち上がる白髪を抜いてしまった経験はどなたもお持ちだと思います。数本程度ならまだ良いですが、白髪は年齢とともに増えていくのが一般的です。

ご自分で白髪を抜きやすい部分はトップなので、一本抜くと我慢できずどんどん抜いてしまい、一番ボリュームの欲しいトップが薄毛になってしまったという方が少なくありません。

髪は年齢とともに痩せ、少なくもなりますのでどうしてもふんわりしずらくなってしまいます。若い頃から白髪を抜いていると特にその影響が強く出てしまうようです。

白髪対策は白髪染めで

白髪がどうしても気になるのなら、来店頻度を少し縮めて白髪染めをしたほうが薄毛を食い止める効果が上がります。

最近では白髪に効くとうたった商品(シャンプー等)が販売されていますが、正直、本当に効果が出るかは疑問が残ります。もちろん、髪や頭皮に良い成分が配合されている商品も多く発売されており、使わないよりは使ったほうが断然良いのですが、その商品を使ったからといって白髪が減るということはないでしょう。

白髪の対策としてはやはり染めるのが一番です。その際のカラー剤の選定にもよりますが、現在ではたくさんのカラー剤、たくさんの手法(カラーの染め方)がありますので信頼できるプロに任せるのが良いでしょう。

カラー剤やカラー前後に栄養分を補給する美容院がほとんどでしょうから、髪にうるおいやハリが出ることによって薄毛の対策にもなります。

薄毛対策で大切なのはホームケア

薄毛の対策として一番重要なのはホームケアです。シャンプー時は地肌をマッサージするように泡立てること、シャンプー後は乾かし濡れたまま寝ないこと、なども重要です。即効果があがるものではありませんが、日常的に習慣にすればその後で必ず違いが出てくるはずです。

さて、気になっていたのが、そのお客さまのホルモンバランスでした。年齢を重ねると男性ホルモンが優位になり頭頂部が薄毛になってしまうことがあります。

その方は眉毛が勇ましくなられてきたようにも見えたので、シャンプーの成分にもこだわったほうが良いとお伝えしました。ご自宅でヘアケア製品をどのように使用されているのかを伺ったところ、シャンプーとトリートメントは量販店などで安く売られているものを使用されていました。

洗浄成分が強 すぎると刺激になり脱毛が進むことがあります。シャンプーを買う時に裏の成分表を見ると、一番目には「水」がきますが、その次からどんな成分が書かれているかをしっかりチェックして欲しいのです。

薄毛が気になる人のシャンプーの選び方

成分表は含有成分量が多い順に記載する決まりになっていますが、2番目、3番目あたりに○○硫酸と書かれているものは避けましょう。ドラッグストアなどで安価で売られているものはほとんどがこれにあたります。

女性のエイジングケア用シャンプーを選べばこれらを避けることができるでしょう。ただし、それでも安価な商品はエイジングをうたっていても良くない成分が混入されていることもありますので注意が必要です。

そしてシャンプーの成分に生薬類、ハーブ系エキスが配合されているものが良です。女性ホルモンをサポートするイソフラボンなども有名ですので、それらが配合されているシャンプーを選びましょう。

ハーブや生薬には直接的にホルモンに働きかける効果を持つ成分もありますが、それ以外にも頭皮の毛細血管に働きかけ、血流を良くしたり、頭皮の乾燥を防ぎ潤いを保つ働きなどの働きもあります。

これらは直接的に薄毛に働きかけるというわけではありませんが、抜け毛を防ぐ効果が認められています。健康な髪を育てることは抜け毛対策にもつながりますし、白髪予防にもなります。

特に、仕事のストレスで頭皮がカチカチになっている方は毛細血管に血液が十分流れず、栄養分が毛根に運ばれていない可能性もあります。肩こりがひどい方は高確率で頭皮も凝っている方が多いので、シャンプーの成分に気をつけるほか、地肌マッサージも日課にされると良いでしょう。

☆ ★ ☆ ★ ☆

自分の髪質、髪の悩みにぴったり合ったシャンプーを見つけるのって難しいですよね。

オーダーメイドシャンプー』をご存知ですか?

8~9の設問にこたえるだけで、最適な成分バランスのシャンプーを作ってくれるサービスです。

オーダーメイドシャンプーの2大ブランドである、

メデュラとミクスを徹底比較してみました。

あなたはメデュラ派? それともミクス派?

かわいくて、お洒落なオリジナルシャンプーで、ステキな髪に。

色も香りも選べます♪

⇒メデュラvsミクス【徹底比較】おすすめオーダーメイドシャンプー

★ ☆ ★ ☆ ★

-薄毛
-, , ,

Copyright© ささやかながら美容家の助言 , 2019 All Rights Reserved.